企業科学専攻企業法コース(博士課程)

木村 真生子
KIMURA Makiko(教授)

研究分野

商法、証券法、電子商取引、法とテクノロジー

・カナダのインサイダー取引規制(2011年―2014年:日本学術振興会〔基盤研究C〕)
・証券規制と行動経済学(2014年-2017年:日本学術振興会〔基盤研究C〕)

略歴

  • 1994年 津田塾大学学芸学部英文学科 卒業  外資系証券会社での勤務を経て
  • 2006年 筑波大学大学院ビジネス科学研究科博士課程企業科学専攻 修了
  • 2007年 筑波大学 博士特別研究員
  • 2008-2009年 日本証券業協会 客員研究員
  • 2010年 筑波大学大学院ビジネス科学研究科 助教
  • 2011年 筑波大学大学院ビジネス科学研究科 准教授
  • 2014年 トロント大学客員研究員(短期)
  • 2016年 筑波大学大学院ビジネス科学研究科 教授

担当科目

現代商法の基礎、金融商品取引法、会社法、演習(会社法、金融商品取引法)、アメリカ取引法文献講読、外国資本市場法、商事法研究

著書・論文(一部抜粋)

  • 「AIと契約〔CHAPTER6〕」宍戸常寿=弥永真生編著『ロボット・AIと法』(有斐閣、2017年2月刊行予定)
  • 論説「金融商品取引法の虚偽開示に係る監査役の責任-エフオーアイ損害賠償請求事件判決からの示唆―」ディスクロージャー&IR 2017.11 Vol.3 8-15頁(2017年11月)
  • 判批「公開買付けにおける買付者及び対象会社の取締役の義務―カネボウ損害賠償請求事件」ジュリ1501号108-111頁(2017年1月)
  • 論説「カナダのインサイダー取引規制(5・完)」筑波ロー・ジャーナル20号(2016年5月)
  • 翻訳(分担)『新外国証券関係法令集 イギリス 2012年金融サービス法』(日本証券経済研究所、2016年5月刊)
  • 論説「CSR報告書と開示規制 ―「重要性」の基準に関する一考察」ディスクロージャーニュース32号135-142頁(2016年4月)
  • 「電子商取引と契約〔第7章〕」松井茂記=鈴木秀美=山口いつ子編『インターネット法』(有斐閣、2015年12月)
  • 判批「誤表示が発生した場合の取引の帰趨―ネット銀行FX取引誤レート表示事件」ジュリ1487号87-90頁(2015年12月)
  • 論説「カナダのインサイダー取引規制(4)」筑波ロー・ジャーナル18号27-52頁(2015年5月)
  • 判批「取締役会議事録の閲覧等請求と権利行使の必要性」平成26年度重判解(ジュリ1479号)103-104頁(2015年4月)
  • 判批「親会社CPの引受けを推進した兼任取締役の責任」ジュリ1475号108-111頁(2015年1月)
  • 論説「カナダのインサイダー取引規制(3)」筑波ロー・ジャーナル17号25-36頁(2014年11月)
  • 論説「公開買付けにおける敵対的買収者による株主名簿閲覧謄写権の行使」筑波ロー・ジャーナル17号37-72頁(2014年11月)
  • 論説「価格感応情報と売買停止制度」証券経済研究85号81-95頁(2014年3月)
  • 判批「公開買付勧誘目的の株主名簿閲覧請求」ジュリ1462号108-111頁(2014年1月)
  • 判批「金利スワップ取引と説明義務」神田秀樹=神作裕之編『金融商品取引法判例百選』(別冊ジュリ214号60-61頁(2013年)
  • 判批「未公開株商法における発行会社と発行会社取締役の責任」ジュリ1450号108-111頁(2013年)
  • 論説「カナダのインサイダー取引規制(2)」筑波ロー・ジャーナル13号1-25頁(2013年3月)
  • 論説「カナダのインサイダー取引規制(1)」筑波ロー・ジャーナル12号95-111頁(2012年10月)
  • 論説「米国の最良執行義務を巡る判例の展開 ‐Newton事件判決後の諸相-」筑波ロー・ジャーナル11号133‐159頁(2012年3月)
  • 論説「現代的証券市場における最良執行義務」証券経済研究76号83-102頁(2011年12月)
  • 判批「役員解任の訴えの適否と解任事由の存在時期」ジュリ1430号92‐95頁(2011年10月)
  • 論説「市場・取引所概念の再構築 ――PTS規制の現状と課題に関する一考察――」証券経済研究71号(2010年)121-140頁 72号167-188頁(2010年)
  • 判批「取締役会議事録の閲覧請求における必要性の要件と個人的利益」ジュリ1414号246-249頁(2010年)
  • 論説「米国におけるストック・オプション付与をめぐる不正操作」商事法務1783号33-43頁(2006年)(小立敬氏との共著)
  • 判批「EBの適合性と説明義務」ジュリ1311号200-203頁(2006年)
  • 論説「取締役等のリスク管理責任と金融商品開示」弥永真生他編『現代企業法・金融法の課題』(弘文堂、2004年) 158-172頁(弥永真生教授との共著)
  • 「契約の自動化に関する一考察―インターネット上の「エージェント」―」筑波大学学位審査請求論文(2006年)

ほか